サミズダート

素朴な一市民「異邦人」の政治経済雑感。兼備忘録ときどき日記。

ツイッターアカウントの移行を決断しました。

皆様こんばんは。異邦人です。 連日、ツイッターアカウントの凍結に関する報告を続けておりますが、未だにツイッター社から追加の連絡はありません。 しかし、このまま何ら有効な手段を講じられぬまま、無為に時を過ごしていても埒が明かないと考えまして、…

ツイッターアカウント凍結への対応について。

皆様こんばんは、異邦人です。本日は、昨日に引き続きツイッターアカウントの凍結措置に関する報告をさせて頂きます。現在、私の異議申し立てに対するツイッター側の返信はありませんが、一日しか経過していないため今の所は様子を見る他ありません。しかし…

ツイッターアカウント凍結について。

こんばんは、皆様いかがお過ごしでしょうか。異邦人です。久方ぶりの更新となりますが内容は余り縁起の良いものではありません。 唐突な出来事で自分も実感がないのですが、私のツイッターアカウントが凍結されていましたので、端的にご報告させて頂きます。…

自民党はいい加減に「少子化問題」の責任転嫁をやめよ。

桜田前五輪相が、29日に開かれた猪口元少子化相のパーティーで発した「お子さん、お孫さんには子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」という、余りにも無神経な発言に非難が集中しています。 mainichi.jp 桜田義孝・前五輪相(写真:時事) 桜…

【悲報】丸山ほだか議員の「戦争」発言、ロシア政府紙を筆頭にロシアメディアにより大拡散。

補足:2019年5月15日、記事タイトルを変更し、ロシアメディアの記事紹介を追加しました。 丸山ほだか議員が「ビザなし交流」に同行して国後島を訪問した際、北方領土を取り返す手段として「戦争しかない」「戦争しないとどうしようもない」と、現行憲法下に…

【速報】日本維新の会・丸山ほだか議員の「戦争」発言、遂にロシア全連邦レベルで拡散開始。

出先からなので簡素で短い記事となります。 本来、平和的な催しであるべき北方領土訪問事業である「ビザなし交流」に同行した、日本維新の会所属の丸山ほだか衆議院議員が、元島民の方に対して「北方領土を取り返すには戦争しかない」旨の暴言を放ち、執拗に…

【おさらい】辺野古埋め立て工事が何故「違法」なのか。死に瀕する法治国家日本。

読者の皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。お久しぶりです。異邦人です。 ブログを立ち上げた当初の「記事1日一本」という目標は、物臭で文章力のない私に手に負えるものではなかったようで、今や有名無実化し、この記事は前回の記事か…

翁長前知事の県民葬で菅官房長官に飛び交った怒号。民衆の“悲鳴”に耳を傾けない政治に終止符を。

2014年12月の沖縄県知事選への当選以来、保守革新の垣根を越えた画期的な「オール沖縄」体制を構築し、国が強行する辺野古新基地建設に反対する姿勢を毅然として貫き続け、基地問題以外の分野においても、深刻化する子どもの貧困問題を解決する為の基…

果たされぬ説明責任。加計孝太郎理事長の証人喚問は不可避。

去る6月19日、大阪北部地震の翌日かつワールドカップの当日という、メディアや世間の目がそちらに向いているタイミングを狙い、わずか2時間前に突如として会見の実施を通告し、更に地元岡山のメディア以外は全てシャットアウトするという卑劣な手段を総…

「全員野球」で不正に全力投球?究極の「ならず者内閣」爆誕。

昨日、第4次安倍改造内閣の閣僚名簿が発表されました。案の定その中身は酷い有様でしたが、そもそも国家的不祥事であるモリカケ問題の「膿」の大元で、違憲立法を濫発するなど憲法違反を繰り返し、言論の府である国会審議を数の暴力で支配し、文書やデータ…

玉城デニー候補の勝利から学ぶ政治の在り方。

文字通り命を賭して辺野古新基地建設への反対を貫いた翁長知事の死去に伴う沖縄県知事選の投開票日である本日、その遺志を継いで立候補した玉城デニー候補が記念すべき勝利をおさめました。 今思い返せば、今回の沖縄県知事選ほど辛く苦しい戦いは無かったと…

憲法97条の削除は「民主主義に対する宣戦布告」に他ならない。

ここ最近は政治の話題が続きましたが、今日は久々に憲法に関する記事です。その中でも、日本国憲法第10章「最高法規」の最初の条文である97条について触れていきます。 突然ですが、皆さんは、憲法の「最高法規性」をどのように理解していますか? 恐ら…

近財職員自死と「改竄」の因果関係が証明された今、麻生大臣の辞任は不可避だ。

昨年2月8日の豊中市議の告発によって「森友学園」問題が発覚して1年半以上。問題の核心である8億円以上にも及ぶ土地不正値引きの真相は、実際には存在していた記録を「ない」と言い張ったり、またゼロ回答に見せかけて最終的には森友学園への優遇措置を…

何処が「謙虚で丁寧」なのか?膿まみれの「内閣改造」案。

「三悪党」揃い踏み(ANNnewsCHより) こんばんは、異邦人です。 当ブログを始めてから2週間が経ち、最初の頃は1日1本記事を書くなどと息巻いていた自分を自嘲気味に顧みていましたが、それでも読者の皆様がいらっしゃるお陰で既に20000PVを突破しております。…

改憲CMの自主規制はメディアの責務。

自民党総裁選が安倍首相の三選に終わり、いよいよ「改憲」の足音が現実のものとなってきました。当ブログではこれまでも、自民党の改憲思惑が如何に主権者たる我々市民にとっての脅威であるかを説いてきましたが、発信力の面では残念ながら巨人にアリが立ち…

人間が個人として尊重されなくなる自民党改憲案。

以前の記事では、日本国憲法が保障するあらゆる人権規定の基礎である12条が、自民党改憲案では明治憲法のように国家権力の匙加減によって容易に人権が制限されるように変えられてしまうと紹介しました。今回は、そんな12条に並ぶ重要性を持つ13条が如…

安倍外交には「ウソ」しかないのか。

早速「1日1本記事を書く」宣言が形骸化してきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?サボりがちでスミマセン。 さて、今日は前回の「憲法12条」に引き続き、自民党改憲案で醜い変貌を遂げている「憲法13条」について、現行憲法と比較検討した記…

現行憲法と自民党改憲案の12条を比べてみる。

こんばんは、異邦人です。 今日で当ブログを開設して1週間となりましたが、既に83名もの方々が読者となって下さり、PVも10000を突破しました。正直、こんなにも私の記事を読んで頂けるとは思っておりませんでしたので、御覧下さっている皆様には、この場を…

さよなら北方領土。

昨日の記事でも紹介したように、総裁選三選を目指して石破陣営を恫喝し、災害対応さえ蔑ろにして公開討論から逃げつつ「外交の安倍」をアピールする為にロシアの東方経済フォーラムに出席している安倍首相。 首相官邸ホームページより。 しかし、そんな安倍…

石破氏支持の神戸市議を恫喝した「官邸幹部」とは?

今朝、いつものように目覚めた私は日課であるニュースチェックをしていたのですが、その中で朝日新聞に載っていたある記事を見つけて目が点になりました。 それがこの記事です。 www.asahi.com 最初に断っておきますが、私は石破氏の支持者ではありません。…

実は危ない「自民党改憲案」前文。

こんばんは、異邦人です。 最初の記事で「一日一本」記事を書くという目標を宣言しておきながら、今後どうやって記事を書いていくか迷ってしまいまして、昨日の夜は記事を更新できませんでした。申し訳ありません。 そして迷った結果、やはり安倍首相が「秋…

「改憲」について知る。

こんばんは、異邦人です。初めての記事を書いてから6時間ほどが経ちましたが、経過が無性に気になり「はてな」のアクセス解析を見ましたところ、何と既に2000名以上の方にご訪問頂き、29名の方々が早速読者になって下さいました。本当にありがとうご…

ブログはじめました。

こんにちは、そして初めまして。わたくし「異邦人」と申します。既にTwitterで知っておられる方も、そして当ブログで初めて知って下さった方も、これから宜しくお願い致します。 この度、当ブログ「サミズダート」を始めさせて頂くにあたって、報告を兼ねた…