サミズダート

素朴な一市民「異邦人」の政治経済雑感。兼備忘録ときどき日記。

【悲報】丸山ほだか議員の「戦争」発言、ロシア政府紙を筆頭にロシアメディアにより大拡散。

補足:2019年5月15日、記事タイトルを変更し、ロシアメディアの記事紹介を追加しました。丸山ほだか議員が「ビザなし交流」に同行して国後島を訪問した際、北方領土を取り返す手段として「戦争しかない」「戦争しないとどうしようもない」と、現行憲法下にお…

【速報】日本維新の会・丸山ほだか議員の「戦争」発言、遂にロシア全連邦レベルで拡散開始。

出先からなので簡素で短い記事となります。 本来、平和的な催しであるべき北方領土訪問事業である「ビザなし交流」に同行した、日本維新の会所属の丸山ほだか衆議院議員が、元島民の方に対して「北方領土を取り返すには戦争しかない」旨の暴言を放ち、執拗に…

【おさらい】辺野古埋め立て工事が何故「違法」なのか。死に瀕する法治国家日本。

読者の皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。お久しぶりです。異邦人です。 ブログを立ち上げた当初の「記事1日一本」という目標は、物臭で文章力のない私に手に負えるものではなかったようで、今や有名無実化し、この記事は前回の記事か…

翁長前知事の県民葬で菅官房長官に飛び交った怒号。民衆の“悲鳴”に耳を傾けない政治に終止符を。

2014年12月の沖縄県知事選への当選以来、保守革新の垣根を越えた画期的な「オール沖縄」体制を構築し、国が強行する辺野古新基地建設に反対する姿勢を毅然として貫き続け、基地問題以外の分野においても、深刻化する子どもの貧困問題を解決する為の基…

果たされぬ説明責任。加計孝太郎理事長の証人喚問は不可避。

去る6月19日、大阪北部地震の翌日かつワールドカップの当日という、メディアや世間の目がそちらに向いているタイミングを狙い、わずか2時間前に突如として会見の実施を通告し、更に地元岡山のメディア以外は全てシャットアウトするという卑劣な手段を総…

「全員野球」で不正に全力投球?究極の「ならず者内閣」爆誕。

昨日、第4次安倍改造内閣の閣僚名簿が発表されました。案の定その中身は酷い有様でしたが、そもそも国家的不祥事であるモリカケ問題の「膿」の大元で、違憲立法を濫発するなど憲法違反を繰り返し、言論の府である国会審議を数の暴力で支配し、文書やデータ…

玉城デニー候補の勝利から学ぶ政治の在り方。

文字通り命を賭して辺野古新基地建設への反対を貫いた翁長知事の死去に伴う沖縄県知事選の投開票日である本日、その遺志を継いで立候補した玉城デニー候補が記念すべき勝利をおさめました。 今思い返せば、今回の沖縄県知事選ほど辛く苦しい戦いは無かったと…